1. TOP
  2. フォーだけじゃない!ベトナム人にも大人気なローカル麺料理 厳選7選

フォーだけじゃない!ベトナム人にも大人気なローカル麺料理 厳選7選

ベトナム料理といえば、「フォー」が日本人には最もよく知られています。平たい米粉麺とあっさりスープのかけあわせが抜群で、女性に人気のヘルシー料理ですね。

しかし、ベトナムでおいしい麺料理はフォーだけではありません。麺大国のベトナムにふさわしい絶品麺料理を今回7品ご紹介します。

麺好きの方、ベトナム料理を食べ歩きたい旅行者は、今回紹介する7品は押さえておきましょう。

Sponsored Link

フォー

IMG_7219_R

まずはベトナムの麺料理で欠かせないのがこちら、「フォー(Pho)」ですね。外国人旅行者の登竜門的ベトナム料理で、実際ベトナム人もよく食べます。

外国人向けのレストランではフォーはきまってメニューにありますし、フォー専門店もいくつか見かけることができます。

しかし、フォー自体は庶民派料理なので、道端の屋台や大衆食堂で気軽に食べることができます。むしろ、そちらの方がおいしいときもあるでしょう。

フーティウ

IMG_2445_R

「フォーが北部を代表する麺料理なら、フーティウは南部の代表だ」と南部人は考えています。

フーティウ(Hu Tiu)もフォーと同じ米粉麺ですが、フォーよりもコシがあり、スープは豚肉の出汁がベースなので油っぽいです。

骨付き豚肉やエビが具の定番です。南部料理とあって、ホーチミンやメコンデルタ地方ではフーティウの看板をよく見かけますが、北部ではあまり見かけることがありません。

ブン・カー

IMG_1235_R

「ブン(Bun)」と呼ばれる麺はベトナム全国で食べられる米粉麺。

市場では大量のブンを購入していく食堂経営のベトナム人を見ることができますし、家庭でも気軽に食べられることから、実際フォーよりも親しみのある国民食といえます。

「ブン・カー(Bun Ca)」は中部、中南部の名物といわれていて、あっさりめのスープに魚のすり身を揚げた「チャー・カー」や刻みキャベツなどが具にのっています。

また、中南部のニャチャン流のブン・カーでは、クラゲが具に使われているのも特徴。レストランよりも食堂の方が見つけやすいです。

ブン・ボー・フエ

IMG_1241_R

「ブン・ボー・フエ(Bun Bo Hue)」は、料理の名前にも使われているように、中部フエの下町料理となります。

フエ料理といえば高級食材を使った宮廷料理が有名ですが、こちらの料理は一般のフエの民に親しまれていたものとなります。

麺は丸太のブンを使い、弾力がある食感。牛肉やパイナップル、大根、ヌクマムなど数多くの食材から出汁をとったスープはかなり濃い目で、ベトナム料理とは一線を画す濃厚な味わいとなっています。

レストランやショッピングセンターのフードコート、もしくはフエ料理専門店で必ずメニューにあるフエの定番料理となります。

「ベトナムの麺料理は、ぜんぶ味が薄いから合わないな」と思っている方や、ラーメン好きの方はこちらを試食してみてください。

ブン・リウ・クア

IMG_2459_R

「ブン・リウ・クア(Bun Rieu Cua)」は酸味の効いたトマトベースのスープに、カニ身、揚げ豆腐、豚や牛の血の塊、トマト、かまぼこなどが具にのった麺料理です。

レストランではあまり見かけることはなく、屋台や食堂で食べることができます。

具沢山でカニ身まで入っているにも関わらず、なぜかベトナム料理の中では最安値を誇る経済的料理。屋台では一杯80円から100円程度で食べることができます。

また、「マントム」というエビを発酵させた紫色のタレをスープに混ぜると塩辛くなり、味に変化を効かせることができます。多少クセのある風味なので、入れる前に味見してみてください。

ミエン・ガー

IMG20141202225902_R

「ミエン・ガー(Mien Ga)」は鶏肉がのった春雨料理。鶏出汁のあっさりめのスープに、刻みネギ、たまねぎ、もやし、ガーリックニンニクなどが添えられています。

ローカル食堂でよく見かける料理で、メニューになくともフォーを扱うお店であれば、大抵注文することができます。

しっかりとした歯ごたえが特徴で、「米粉麺以外の麺料理を食べてみたい」という方におすすめです。

ミー・サオ

IMG_2640_R

最後に紹介する麺料理は「ミー・サオ(Mi Xao)」。「Mi=麺」、「Xao=炒める」という意味を持つことから、日本ではベトナム風やきそばとよく紹介されています。

ここで使われている麺はインスタント麺。コンビニのFFやカフェ、フードコートなどで食べられるお手軽料理です。

ミー・サオにはいくつかの種類があり、例えばミー・サオの次に「ミー・サオ・ボー(牛肉)」とあれば、牛肉が具にのっていて、「ミー・サオ・ハイサン(海鮮)」とあれば、エビやイカなどシーフードが具になります。

また、「ミー・サオ・ジョン(Mi Xao Gion)」も併せておすすめ。こちらは日本でいう固焼きそば。揚げた麺の上にあんかけを混ぜた野菜炒めがのり、香ばしい食感となります。

ローカル食となるのでレストランではあまり取り扱っていません。食堂、もしくはカフェで食べることができます。

いかがでしたか。

確かにベトナム麺といえば米粉麺がメインですが、その米粉麺も種類は豊富で、またスープの出汁によってストレート麺、ちぢれ麺、太麺などと使い分けています。

ベトナムの麺料理はヘルシー料理と思われがちですが、しっかりとした味わいのあるブン・リウ・クアやブン・ボー・フエなども注目してみてください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

古川 悠紀

古川 悠紀

大学時代に東南アジアを周遊し、2011年からベトナムのホーチミン市に移住。好きなエリアは世界遺産ホイアンと、ビーチリゾートのニャチャン。
観光名所を慌ただしく巡るプランよりも、何をすることもなく、のほほんと時間を過ごす旅行をこよなく愛しています。趣味はバドミントンとカフェ巡り!

この人が書いた記事

  • だからベトナムに行きたくなる!ベトナム人が日本を好きな7個の理由

  • ベトナムの穴場観光地クレイジーハウスに行ってみので画像と感想を報告

  • フォーだけじゃない!ベトナム人にも大人気なローカル麺料理 厳選7選

  • 子供と楽しめるベトナム観光におすすめなホーチミンのテーマパーク 厳選3選

関連記事

  • 本格派ミャンマー料理が堪能できるヤンゴンのおすすめレストラン厳選10選

  • フィリピンの穴場観光地 ダイビングにおすすめなボホール島のリゾートホテル 厳選10選

  • マレーシアの楽園ランカウイ島でおすすめなグルメレストラン 厳選10選

  • アジア料理&カフェが楽しめるヴィエンチャンのおすすめレストラン厳選10選

  • インドネシア旅行者が食べるべきバリ島のグルメレストラン 厳選10選

  • ジンベイザメが100%見られる!? セブ島のおすすめ観光地 厳選9選