1. TOP
  2. 古代王朝の魅力!ミャンマー・バゴーのおすすめ観光地 厳選10選

古代王朝の魅力!ミャンマー・バゴーのおすすめ観光地 厳選10選

13-16世紀にバゴー王朝の首都として栄えたバゴーは、ミャンマーのなかでもひときわ有名な古代都市です。ヤンゴンからは70kmの位置にあり、アクセスがよいです。

古代王朝ということで歴史ある仏塔や仏像、寺院などがバゴーの主な見どころ。お寺などを見るのが好きな方なら何日でも楽しめる、バゴーの魅力を感じられる観光スポットを紹介します。

Sponsored Link

チャイプーンパゴダ

bagok1
画像出典:http://treasuresofindochina.com/

チャイプーンパゴダは4体の仏像がそれぞれ別々の方向を見ている、ちょっとユニークなパゴダです。皆穏やかな顔をしていますが、それぞれの仏像でちょっとずつ顔が違い、それを見るのも楽しいです。

このチャイプーンパゴダを観光する際の注意点ですが、裸足でいることが必要とされる場所があること。ただし床はあまりきれいではないので、タオルなどを持っていくとよいです。

 

施設名:チャイプーンパゴダ
英名:Kyaik Pun Pagoda
住所:Bago, Myanmar

 

Mahazedi Pagoda

bagok2
画像出典:http://www.micmic.cat/

数多くの仏塔、仏像があるバゴーの中でももっとも美しいと言われているのがMahazedi Pagoda。金色と白のコントラストが非常に鮮やかで、テラスからの眺めが絶景です。

ただし、決まりによってこのテラスまで行けるのは男性のみ。女性は途中から立ち入ることを禁止されているので、その点は理解して観光してください。

 

施設名:Mahazedi Pagoda
住所: Bago, Myanmar

 

Kambazathadi Golden Palace

bagok3
画像出典:https://www.flickr.com

16世紀のバゴー王朝の王宮、そして王宮に関する博物館の複合施設がKambazathadi Golden Palace。王宮はそのままの形が残っているわけではありませんが情緒を残した復元で、発掘された柱も見られます。

金色の細かい搭がいくつも立ち並んだような外観、内部のタイルの細かな装飾などが特徴なので、芸術が好きな方は必見のスポットです。

 

施設名:Kambazathadi Golden Palace
住所:Nr. Shwemawdaw Pagoda, Bago, Myanmar

 

Mya Tha Lyaung Reclining Buddha

bagok4
画像出典:https://www.flickr.com

東南アジアの仏教国を訪れると必ずと言っていいほど目にするのが寝釈迦仏。巨大な寝釈迦仏は観光の中心にもなりますが、ここバゴーにも2つの寝釈迦仏があり、その1つがMya Tha Lyaung Reclining Buddhaです。

全長60メートルの寝釈迦仏はゆったりとした顔で世界を見つめていて、目が合うとなんだか不思議な気分になります。また、足には108の煩悩が書かれています。

 

施設名:Mya Tha Lyaung Reclining Buddha
住所:Bago, Myanmar

 

シュエターリャウン寝仏

bagok5
画像出典:http://panoramaphotos.net

シュエターリャウン寝仏は、上述の『バゴーの2つの寝釈迦仏』のもう1つです。Mya Tha Lyaung Reclining Buddhaに比べるとやや細面で、目鼻立ちがはっきりしている仏様です。

また、Mya Tha Lyaung Reclining Buddhaは外にあるのに対して、こちらのシュエターリャウン寝仏は室内にあるのも違い。両方の寝釈迦物を見て回ることをおすすめします。

 

施設名:シュエターリャウン寝仏
英名:Shwethalyaung Buddha
住所:Bago, Myanmar

 

シュエモードパヤー

bagok6
画像出典:https://www.flickr.com

1200年以上の歴史を持つ114mの仏塔、それがシュエモードパヤー。バゴーでは最大の仏塔で、しばしば改修が行われているのでそのままの姿を見られないこともありますが、それでもきれいです。

多くの仏塔と同様に金色を基調としているので派手ですが、それに加えて最大の仏塔ということでとにかく目立ちます。均整でバランスの取れた形状にも注目してみましょう。

 

施設名:シュエモードパヤー
英名:Shwemawdaw Paya
住所:Bago, Myanmar
URL:http://www.reisen-myanmar.net/bago.htm

 

ShweguLay Pagoda

bagok7
画像出典:http://www.lekve.net

ShweguLay Pagodaは地元の人は知っているけれどまだまだ観光雑誌では知られていない、ちょっと穴場なパゴダです。大小さまざまな仏塔があり、特に小さな仏塔はかわいらしい印象。

内部の回廊では64体の仏像に出会えます。ほかのバゴーの有名観光地と比べるとのんびりしており、地元の家族連れの姿もよく見かけます。

 

施設名:ShweguLay Pagoda
住所:Bago, Myanmar

 

Kyaly Khat Wai Monastery

bagok8
画像出典:http://solotravelerblog.com

今まで見てきたように仏教が日常にも息づいており観光にもなっているバゴーには、修行僧も多くいます。1000人以上の修行僧が修行をしているのが、Kyaly Khat Wai Monastery。

普段はなかなか見ることがない修行僧の日々の勉強や生活の様子が見られるとあって人気の観光地ですが、特に昼時は大人気。大勢の修行僧が食事をする風景は圧巻です。

 

施設名:Kyaly Khat Wai Monastery
住所:Bago, Myanmar

 

Snake Pagoda

bagok9
画像出典:https://tptravels.wordpress.com

昔々、ある親子が亡くなって生まれ変わった時父は僧になり、毎夜夢に蛇が出てくるのを見ました。気になって山へ行くと蛇がおり、それは娘の生まれ変わりだということがわかったのです。そこで、1人と1匹は寺院で幸せに暮らした…という逸話を持つのがSnake Pagodaです。

実際に生きている蛇がいて、蛇にお布施をすることも可能です。

 

施設名:Snake Pagoda
住所:Bago, Myanmar

 

Hintha Gon Paya

bagok10
画像出典:http://www.panoramio.com

ヒンタという神話上の鳥がこの丘に舞い降りたことがバゴーの始まり、という伝説を持っているのですが、その鳥たちをモチーフにした彫刻があるのがHintha Gon Payaです。

女神の像があるため女性からの信仰が厚いのか、女性の姿が多め。眺めがよく、天気の良い日の夕方などに来ると絶景を拝めるスポットでもあります。

 

施設名:Hintha Gon Paya
住所:Located behind the Myanmar Bago Shwemawdaw Pagoda, Bago, Myanmar

 

ミャンマーの歴史の街・バゴーの観光スポットはいかがでしたか?一点だけ注意が必要なのが、パゴダは裸足で歩かなければいけないということです。バゴーの平均気温は3月4月はなんと36℃。

当然ながら床も熱くなってしまうため、慣れていない日本人だと痛みを覚えることも多いのです。時間に余裕があれば、日差しの弱い朝のうちから観光することをおすすめします。

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

関連記事

  • こんな水上コテージ見たことない!モルディブのおすすめ高級ホテル 厳選10選

  • 高級料理も食べたい!ラオス・ルアンパバーンの人気カフェ・レストラン厳選10選

  • 海の中のレストラン?モルディブで大人気のレストラン 厳選10選

  • スリランカの天空に浮かぶ古代宮殿【世界遺産シギリヤロック】

  • 海外にもひな祭りがあった?女性の為の祭りナヴァラトリ【インド】

  • ベトナム旅行者必見!バックパッカーにオススメの観光地厳選3選