1. TOP
  2. 男だけが楽しい!大学生最後の卒業旅行におすすめな海外旅行先 厳選15選

男だけが楽しい!大学生最後の卒業旅行におすすめな海外旅行先 厳選15選

男性だけで卒業旅行に行くときのテーマとしておススメなのが『広い世界を知る』こと。昔から冒険が大好きだったあなたにぴったりな卒業旅行の行き先を15カ所選んでみました。

ここでは海外のスポットのみで15カ所、物価もあまり高くなく絶景やそこでしかできない貴重な体験が魅力の場所を厳選したので、卒業旅行の行き先を決めるときに参考にしていただければさいわいです。

Sponsored Link

台湾/華西街観光夜市

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://www.fun-taiwanzine.com/

台湾はもっとも身近な海外の国の1つ。治安も良く、男性グループであれば夜中まで遊んでいても滅多に危ない目に遭うことがないので、観光時間を長く取れるメリットがあります。

そんな台湾の中でもひときわおススメなのが華西街観光夜市。ここはすっぽんや蛇などのゲテモノを食べられる市場として知られています。ここでしか食べられない一風変わった食材の味を試してみるのもよい思い出になるでしょう。

otokos2
画像出典:http://www.tabetaiwan.com/

ロブスターやカニなどもあるので、好みに合わせて無難な線で行くか冒険するかを決められます。なお、店外につるされている動物でも無断で写真撮影すると怒られるので注意してください。

 

施設名:華西街観光夜市
英名:Huahsi Tourist Night Market
住所:台北市萬華区華西街
アクセス:MRT板南線「龍山寺」駅出口1から西園路一段を右手に進み、廣州街を左折し直進、華西街を右折すると入り口です。
営業時間:18:00頃~翌0:00頃

 

モンゴル/テレルジ国立公園

otokos3
画像出典:http://mongoliatravel.guide/

モンゴルの首都、ウランバートルから車で1時間ほどの場所にあるのがテレルジ国立公園。モンゴルで乗馬を楽しんだり遊牧民とのふれあいを目的にしているならおススメです。

見どころは高さ15mにも及ぶ亀石と各種のアクティビティ。アクティビティの方はツアーに事前申し込みする必要があります。

otokos4
画像出典:https://www.triip.me/

多くのツアーで体験できるのが乗馬、ゲルへの宿泊、牛の乳搾り、ラフティングです。

 

施設名:テレルジ国立公園
英名:Gorkhi-Terelj National Park
住所:Ulaanbaatar, Mongolia
URL:http://www.dreamadventuremongolia.com/

 

タイ/カオソック国立公園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://thai-discovery.info/

タイといえばバンコクの寺院が有名ですが、最近は南部のビーチリゾートであるカオラックも注目されています。そのカオラックを起点に車で1時間の場所にあるのがカオソック国立公園です。

ここは世界最古の熱帯雨林とも言われており、荒々しくも雄大なジャングルの姿を感じられます。なお、気候が温かいため卒業旅行シーズンの2-3月にも花が咲いているのが特徴。

otokos6
画像出典:https://dianaabend.wordpress.com/

このカオソック国立公園を思い切り楽しむなら近くの宿泊施設に滞在、バンブーラフティングや象乗り体験を予約しておくのがおススメです。

 

施設名:カオソック国立公園
英名:Khao sok National Park
住所:Moo 6, Khlong Sok Sub-district, Phanom, Surat Thani 84250
入場料:1人200バーツ

 

マレーシア/ペナン島

otokos7
画像出典:http://www.bugbog.com/

ペナン島は世界遺産にも指定されている美しい街並みが特徴の島です。街の中心部はイギリスの植民地時代の影響でコロニアル調の建物を中心とした観光スポットが多め。

郊外に行けばまた違った魅力があり、4泊5日程度でも十分楽しめるのがペナン島の魅力です。特におススメなのは『ブキッ・メラ・レイクタウン』というオランウータンのリハビリ施設。ペナン島から車で1.5時間程度の場所です。

otokos8
画像出典:http://4eversally.blogspot.jp/

また、せっかくペナン島に来たならマリンアクティビティも欠かせません。カヌーやパラセイリング、ウィンドサーフィンなどを楽しめます。

 

施設名:ペナン島
英名:Penang Island
住所:Pulau pinang,Penang,Malaysia

 

インド/ガンガー (ガンジス河)

otokos9
画像出典:https://en.wikipedia.org/

インドは一度行ったらハマって何度も行く人が出るという噂の国。男旅ならやっぱりカオスを極めたガンガー(ガンジス川)に人生一度は訪れておきたいところです。

ガンガー(ガンジス川)付近になるとそこかしこで客引きに遭いますが、大体ぼったくられるのでその点は理解して交渉するかお金を払うか決めましょう。

otokos10
画像出典:https://commons.wikimedia.org/

肝心のガンガー(ガンジス川)では沐浴、葬式、説法、洗濯、観光ボートなど人々の暮らしと宗教と観光がごっちゃまぜになっています。牛がたくさんおり、牛糞もそこらじゅうにあるのがインドらしさです。

 

施設名:ガンガー (ガンジス河)
英名:Ganga
住所:Varanasi, Uttar Pradesh, India

 

オーストラリア/ランセリン大砂丘

otokos11
画像出典:http://australianstockphotography.com.au/

シドニーやメルボルンなどの大都市でよく知られるオーストラリアですが、ちょっと街を出れば大自然が広がる国でもあります。そんなオーストラリアでも男性だけの卒業旅行におススメなのがランセリン大砂丘です。

西オーストラリアのパースから北へ130kmほど、インド洋に沿った砂丘です。ランセリン大砂丘の最大の魅力は真っ白な砂丘。人もあまりおらず、この砂丘を独り占めしたような気分になれるのです。

otokos12
画像出典:https://www.flickr.com/

また、近くには海もあります。卒業旅行シーズンの2月はもっとも暑い時期なので、脱水に気を付けながら砂丘と海を楽しんでみてください。

 

施設名:ランセリン大砂丘
英名:Lancelin Sand Dunes
住所:via Kendall Road, Lancelin, Western Australia, 6044

 

バヌアツ/ブルーホール

otokos13
画像出典:http://www.panoramio.com/

宇宙よりも謎が多いと言われているのが海。深海に住む新種の動物が発見されたといったニュースもしばしば見かけますよね。そんな海の神秘を感じさせてくれるのがバヌアツのブルーホールです。

まずバヌアツについてですが南太平洋に位置しており、日本からはシドニーを経由して行くのが一般的。行くだけでもかなりの時間がかかる、秘境中の秘境と言えるでしょう。

そんなバヌアツのジャングルにある神秘の池が『ブルーホール』。ラピスラズリの成分が溶け込んだことで吸い込まれるような青色になったと言われています。

otokos14
画像出典:http://www.supwildernessadventures.com/

実はバヌアツには6つのブルーホールがあり、それぞれ色や形が少しずつ異なります。事前に申し込んでダイビングに挑戦してみましょう。

 

施設名:ブルーホール
英名:Matevulu Blue Hole
住所:Matevulu River, Espiritu Santo, Vanuatu
URL:http://www.espiritusantotourism.com/

 

アメリカ/ヨセミテ国立公園

otokos15
画像出典:http://www.yosemiteexperience.com/

テレビ番組などで一度は名前を聞いたことがあるヨセミテ国立公園。アメリカのカリフォルニア州にある国立公園です。夏は日本の尾瀬や上高地のような爽やかな空気が特徴です。

一方で冬には雪が積もり、静寂な白い世界を見られます。真っ白な雪についた動物たちの足跡を見たりするのもひときわ楽しい思い出になること間違いなし。

otokos16
画像出典:http://www.williamneill.com/

宿はサンフランシスコにとって、日帰りツアーに申し込むのがおススメです。クロスカントリースキーに挑戦するのもよいですね。

 

施設名:ヨセミテ国立公園
英名:Yosemite National Park
住所:P.O. Box 577, Yosemite N.P., CA 95389
営業時間:一部を除いて年中24時間オープン

 

メキシコ/ウシュマル

otokos17
画像出典:https://en.wikipedia.org/

古代都市と聞くとわくわくしませんか?ここメキシコのウシュマルは古代マヤ文明の遺跡です。保存状態がよく、プーク様式というマヤ文明の壁面装飾がきれいに残っているのが特徴。

主な見どころは総督の館、尼僧院、大球戯場、魔法使いのピラミッドなど。そのなかでも特に人気があるのは高さ30mを超える魔法使いのピラミッドです。

otokos18
画像出典:http://www.studentsoftheworld.info/

テオティワカン遺跡などとくらべるとより自然の良さが残されており、ジャングルの野性的な雰囲気を感じたい方にもおススメ。

 

施設名:古代都市ウシュマル
英名:Pre-Hispanic Town of Uxmal
住所:Uxma

 

ボリビア/トロ・トロ国立公園

otokos19
画像出典:http://www.rutaverdebolivia.com/

ボリビアの絶景と言えば水の透明度が美しいウユニ塩湖。ですが、すっかり定番になったので観光客も多く冒険向きというわけではありません。

ボリビアに行くならウユニ塩湖もよいですが、トロトロ国立公園もおススメ。奇岩群、鍾乳洞などさまざまな見どころがあり、雄大な自然を感じるのにもぴったりの世界。

otokos20
画像出典:https://www.flickr.com/

ほとんど垂直に流れる滝、自分の足とくらべてみるとその大きさに圧倒される恐竜の足跡など、実際に行ってみると感動するポイントが満載のスポットです。

 

施設名:トロ・トロ国立公園
英名:Toro Toro National Park
住所:Cochabamba, Bolivia
URL:http://www.elmundoverdetravel.com/

 

ベネズエラ/ロライマ山

otokos21
画像出典:http://all-that-is-interesting.com/

アーサー・コナン・ドイルによる小説『ロスト・ワールド』はSF好きなら一度は読んだことがあるはず。この『ロスト・ワールド』の舞台になったのがベネズエラにあるロライマ山です。

最も高い場所の標高は2810m、地球最古の岩盤が残っていることでも知られています。雨ざらしになったことで出来た地質、岩の様子を楽しんでみてください。

otokos22
画像出典:https://www.flickr.com/

観光のスポットライトになるのは水晶の谷。山頂付近にあるこの場所は水晶がそこらじゅうにあり、登山靴で水晶の上を歩けます。

 

施設名:ロライマ山
英名:Mount Roraima
住所:Mount Roraima

 

タンザニア/セレンゲティ国立公園

otokos23
画像出典:http://www.africanbudgetsafaris.com/

セレンゲティ国立公園はタンザニアで最も古い国立公園で、マサイ語で『果てしなく広がる草原』という意味を持っています。14000平方キロメートルを超える広さが特徴です。

野生のライオン、チーター、ハイエナ、ヌー、トムソンガゼルなどが暮らす姿を見るのがセレンゲティの観光のメイン。特に12月から6月にはヌーの大移動が見られます。

otokos24
画像出典:http://footage.framepool.com/

アクセスはチャーター便などを使うことになるので事前予約が必須。なお、宿泊施設も数は多くないものの公園内や周辺にあります。

 

施設名:セレンゲティ国立公園
英名:Serengeti National Park
住所:Tanzania

 

チュニジア/シディ・ブ・サイド

otokos25.1
画像出典:http://tabippo.net

チュニジアの首都であるチュニスから約20kmのところにあるシディ・ブ・サイド。シディ・ブ・サイドは『白と青の楽園』という異名を持つ街でもあります。

その理由は各家庭の色です。壁は真っ白、窓や扉はチュニジアンブルーなのが特徴で、チュニジアンブルーはターコイズブルーに近い色です。

otokos26
画像出典:http://www.panoramio.com/

ギリシャなどにも似たような装飾や色使いはありますが、イスラム系の影響を受けた模様がシディ・ブ・サイドならではの違い。カフェが多く、食事にも困りません。

 

施設名:シディ・ブ・サイド
英名:Sidi Bou Said
住所:Sidi Bou Said,Carthago,Tunisia

 

ブルガリア/イヴァノヴォの岩窟教会群

otokos27
画像出典:http://weloveyatours.blogspot.jp/

教会といえばルネサンス様式やロシア様式など色々ありますが、イヴァノヴォの岩窟教会群はその場所が特徴。堤に沿って作られた教会群は17世紀まで実際に修道士が住んでいました。

見どころは中世ブルガリア美術の傑作と言われるフレスコ画。鮮やかな色使いで保存状態がよく、イヴァノヴォの岩窟教会群自体が1979年に世界遺産登録されています。

otokos28
画像出典:http://www.4gress.com/

山道を歩いて行かなければいけないので、しっかりした装備と飲み水を忘れないように注意してください。

 

施設名:イヴァノヴォの岩窟教会群
英名:Rock-Hewn Churches of Ivanovo
住所:7088 Ivanovo, ブルガリア

 

ギリシャ/メテオラ

otokos29
画像出典:http://travel.nationalgeographic.com/

メテオラも上述のイヴァノヴォの岩窟教会群のようにちょっと変わった場所にある修道院群。奇岩群の上に建設されたメテオラにも、修道士が住んでいたことがわかっています。

ギリシャの首都アテネからカランバカという町へ鉄道で向かい、さらに車で1時間ほどでメテオラに到着します。冬は足場が悪くなりやすいので注意しましょう。

otokos30
画像出典:http://www.bugbog.com/

このメテオラは遠くから見てもとても美しいので1枚は写真を撮っておきたいところ。神秘的な風景です。

 

施設名:メテオラ
英名:Meteora
住所:Patriarchou Dimitriou 2, Kastraki, Kalambaka 42200, Greece

 

男性だけの卒業旅行、『冒険』をテーマにして15カ所の観光スポットを紹介しましたがいかがでしたか?

アクセスが悪い場所も多々あるので、電車の乗り換え時間には余裕を持って計画を立てるのがおススメです。

自然を楽しむだけではなく、そこでしかできないアクティビティに挑戦するのもよい思い出になるはず。現地発の1日ツアープランを探してみるのもよいでしょう。

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

関連記事

  • 撮影不可!レインボーギャザリングというヒッピーの集会で愛を感じた男の話

  • カップル旅行者におすすめな縁結び効果抜群の世界のパワースポット 厳選10選

  • 死ぬまでに絶対に見たい美しい街並みリスト厳選14箇所

  • まるでおとぎの国!? 世界のカワイイ観光名所おすすめ8選

  • 年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)

  • 好奇心旺盛な旅行者におすすめな世界のユニーク博物館 厳選10選